リンパとは


マッサージそもそもリンパとは何なのか、血液とは違うのかと疑問に感じている人もいるのではないでしょうか。リンパは、リンパ管、リンパ液、リンパ節の総称のことで、血液や血管とは役割に違いがあります。血液は血管を通って、体中に酸素や栄養を届けるという役割があります。リンパの役割としては老廃物を排泄する、体に侵入した細菌やウイルスを撃退する役割があります。この役割の違いを見ても血管や血液とは違うものだと分かっていただけるでしょう。

また、血液は心臓の働きによって体を循環していますが、リンパ液は筋肉を動かすことによって循環することも違いです。日頃よく体を動かす人ならリンパの流れも良いのですが、運動不足の人はこのリンパの流れが滞りやすいです。そんな人でもリンパマッサージをすることでリンパの流れを良くすることができます。

リンパマッサージをすることでリンパの流れを促進させ、体の老廃物の排泄を促す、免疫機能の改善効果が期待できます。仕事や家事に忙しい人は、毎日の運動を習慣にするのは難しいですが、リンパマッサージであればサロンに行って施術を受けたり、自分でマッサージをしたりと手軽に行うことができ、様々な悩みを解消することができます。